知っておきたい生理前から生理中に注意するべき事

4つのポイント

生理前から生理中に注意するべき4つのポイント

女性にとって生理は健康のバロメーターでもあるとても大切なものです。
しかし、生理の前から生理中にかけては身体も心も普段とは違った状態へと変化します。
そんなデリケートな生理前・生理時期に女性が注意するべき4つのポイントを紹介します。

激しい運動や食事制限は控える

生理の1週間程前からプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が増加します。
このプロゲステロンには、脂肪や水分を身体に蓄えるという作用があります。
そのため、生理前は体重が増加しやすくムクミやすいという女性ならではの特徴があるのです。

また生理が始まるとプロゲステロンの分泌が徐々に減少していきますが、生理中は血行不良になりやすく新陳代謝が悪くなります。

そのため、生理前から生理中はダイエットにとって最も適さない期間と言っても過言ではないのです。
この時期に激しい運動をしたり、無理な食事制限をしても思ったように体重は落ちません。

生理前から生理中にかけては、只でさえ身体や精神面が不安定になりやすい時期ですからダイエットによって余計なストレスを掛ける事は、心身共に良い影響を与えないでしょう。

この時期に最も大切な事はリラックスして過ごすという事です。
暴飲暴食さえしないように気をつければ、増加した体重も生理が終わると共に元に戻っていきますから心配はありません。
生理前から生理中にかけては、体重計の数字に一喜一憂しない事が大切です。

運動をする場合はムクミを和らげるために軽いストレッチ程度に留め、食事は3食バランス良くしっかりと食べるようにしましょう。

肌へ刺激となる行為はNG

生理前から生理中は、普段は肌が強い人でも敏感肌に傾きがちです。
いつもなら何ともない刺激が肌荒れの原因となってしまうケースがよくあるのです。

そのためこの時期はムダ毛処理やカラーリングなどは避けた方が無難です。
特に自分でカミソリやシェーバーを使ったセルフ処理や市販のアイテムを使ったセルフカラーリングなどは、肌や頭皮に刺激を与えトラブルが起きる可能性が高くなってしまいます。

また刺激により肌が荒れやすくなるだけではなく、生理前~生理中にかけては痛みにも敏感になると言われています。
専門のサロンなどでも生理中の脱毛はお勧めしていませんから、よりトラブルの起きやすい自宅でのケアは避けた方が無難ですね。

脱毛やムダ毛処理、カラーリングなどは出来るだけ生理前~生理中を避けるように計画をたてましょう。

攻めのスキンケアはしない

生理前~生理中はホルモンの影響で肌トラブルが起こりやすいので、何とか肌を改善しようと攻めのスキンケアを行いたくなってしまいます。

しかしこの時期は強い成分の化粧品を使うと、刺激を感じたり痒みや炎症を発症して余計トラブルを増長してしまう事が少なくないのです。

ですから、いくら効果が高くとも刺激になるような成分が含まれた化粧品を使ったスキンケアは控えましょう。
なるべく肌の負担とならない低刺激な化粧品でスキンケアをする事をお勧めします。
この時期専用に使用するデリケート肌用の化粧品を用意しておくのも良いですね。

匂いが強いものには注意する

生理前~生理中は、匂いに敏感になる時期です。
また普段好きな匂いでも気分が悪くなる事もあります。
そのためこの期間は、香水などをつけるのはお勧めしません。
最近流行りの香り付き柔軟剤でも気分が悪くなる人が居ますから注意しましょう。

生理前~生理中のイライラや気分の落ち込みをアップするためにアロマを利用する人もいるかもしれません。
確かにアロマの中には、気分を落ち着かせリフレッシュ効果のあるものがあります。
しかし、中には生理中に避けるべき種類の製油が存在します。
アロマは、きちんと勉強して正しい知識を身に付けてから利用しましょう。
もし知識に自信がないのなら、アロマは避けた方が無難です。

自分が思っている以上に変化している生理前~生理中の女性の身体。
上記にあげたポイントに気をつけて余計なトラブル避け、少しでも快適にこの時期を過ごしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です