PMSに効果的な食材!バナナで美味しくPMS対策

イライラ

月経前になると「何だか無性にイライラする」「気分が落ち込んでやる気が出ない」などという人は少なくありません。
そうした気持ちの問題だけでなく、なんだかだるかったり腰痛や頭痛で悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。
そのような症状は「PMS=月経前症候群」と呼ばれる女性特有の症状です。

月経を経験している女性の約8割が抱えていると言われるPMS。
そんなPMSを出来るだけ軽くしたいと、様々な方法で症状の緩和を試みている人がたくさんいると聞きます。
そんな中でも「バナナ」がPMS緩和に効果的だということを、あなたは知っていますか?
ここでは、バナナのどのような成分がPMS緩和に効果的なのかをご紹介していきます。

PMSってなに?

困った顔2

そもそもPMSとはどういった症状でしょうか?
PMSとは「月経前症候群」と言われているように、月経前の3~10日程前から起こる身体的または精神的症状のことを指します。
身体的症状には、むくみやだるさ、腰痛や下腹部痛の他にも、頭痛、肌荒れ、肩こりなどがあります。
また精神的症状には、イライラや気分の落ち込み、不眠や過眠などの睡眠障害などの症状もあるのです。

こうした症状が重いと日常生活に支障をきたしてしまう場合があり「月経に関わる症状は病気ではない」という認識は、是非改めるべきだと言える位深刻なものなのです。

PMSに効果的な栄養素とは?

エクオール

こうしたPMS症状を緩和するのに、まず手軽に試せるのが「食生活の改善」です。
毎日の食事を見直して、PMS対策に効果的な栄養素を含む食品を積極的に摂るようにするだけでも、PMS症状を軽くするのに十分な効果があると言われています。

では、どういった栄養素がPMS緩和に効果的なのでしょうか?

  • 大豆イソフラボン
  • ビタミンB群
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ミネラル
  • 食物繊維

このような栄養素はPMS症状を軽減するのに効果的だと言われています。
また、PMS症状を重くしない為には避けておいた方が良い成分や食品もあります。

  • 多量のアルコール
  • カフェイン
  • 炭水化物
  • 白砂糖などの糖類

こうした食品は、身体を冷やすとともにPMSを悪化させる恐れがあると言われていますので、注意しておきましょう。

PMSになぜ「バナナ」?

バナナ

では、なぜPMS症状を軽減するのにバナナが効果的なのでしょうか?
バナナには、主に以下の栄養素が含まれています。

  • マグネシウム
  • カリウム
  • トリプトファン

マグネシウムは、PMS期のイライラなどを抑える働きがあるので積極的に摂りたい栄養素ですし、カリウムは体内の水分排出を促す働きがあるのでむくみ対策に最適です。

また「トリプトファン」という成分は、脳内の幸せホルモンである「セロトニン」の元となる成分ですので、PMS期になると不足しがちなセロトニンの生成を助け、それによってPMSの精神的症状を軽減することができます。
これらの栄養素の他にも、食物繊維やビタミン、ポリフェノールなども豊富に含まれているので、女性は積極的に食べて貰いたい食べ物なのです。

またPMS期は、無性に甘いものが食べたくなる時期でもあります。
ですが、白砂糖を使った甘いお菓子は体を冷やすのでPMS期には特に避けておきたい食べ物。
その代わりにバナナを食べると、甘いものが食べられないイライラを解消する事もできるので、大変お勧めです。

偏った食事はPMSを悪化させる
何を食べるかは体の基礎を作るためにとても重要なことです。 しかし、手軽に食べられるファストフードや食事制限のダイエットなど、現...

まとめ

015

バナナはPMS緩和にとても効果がある食べ物であるということがご理解いただけたでしょうか?
あなたも是非、バナナで美味しくPMS対策を試してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク