PMSの症状緩和の為の方法を紹介します

PMSの症状と症状緩和

PMSとは何か

PMSという言葉に耳馴染みがないかも知れませんが、日本語で言うと月経前症候群のことで、個人差がありますが生理の3日~10日程前に心身共に不調が出てきます。人によっては普通に生活を送ることが困難になる程酷いケースがあり、このような症状をまとめて月経前症候群と呼びます。

大抵のケースが生理が始まったら症状は緩和もしくはなくなるのが特徴で、症状が残っていても生理前と比較すると軽い症状なので日常生活は問題なく送ることが出来るようになります。また生理前の症状であっても日常生活に支障がない場合は月経前症候群とは診断されなかったりします。

PMSって何!?女性の8割が悩まされるPMSの実態解明
PMSって何かご存知ですか? PMSとは月経前症候群のことで、約8割の女性が悩まされてると言われている症状です。 P...

PMSの原因

何故生理前に様々な不調が出るのかというと女性ホルモンである黄体ホルモンが関与していると言われていますがきちんと原因は分かっていません。近年は精神に関与する神経伝達物質の量と働きに女性ホルモンが影響を与えて症状が出るといった説もあるのですがどれも断定は出来ません。

ホルモンバランスの乱れが原因で起こる症状
みなさんは普段、女性ホルモンのバランスを気にしていますか? 女性ホルモンバランスが乱れると、身体には様々な影響が出てきます。 ...

PMSの症状

pms

PMSは心身共に症状が出ると説明しましたが、身体の症状を挙げると下腹部の痛みや腰痛、さらには頭痛やめまいと吐き気、他にもひどい浮腫みや便秘になったりニキビが出来るといった事が起こります。

また精神的症状としては、精神的に不安定となりイライラしたり気分が沈みがちになり、物事に対して集中することが出来ず、仕事の効率が落ちてしまったりミスが増えます。他にも眠れなかったり意味もなく涙が零れるなどといった現象が起こります。さらに過食や甘いモノが無償に食べたくなったり過食傾向が見られます。

女性ホルモンはストレスの影響も受けるのでPMSになりやすい人というのはストレスに弱い人ということが出来ます。だから普段からストレスを感じやすい人や、几帳面で完璧主義者の人、真面目な人ほど症状が出やすいと言えます。

PMSを緩和する食事

トリプロファン

まず生理前のこの時期はカフェインとアルコールの摂取を控えましょう。 その理由としてはカフェイン、アルコールというのはバストが張ったり、神経を緊張させる働きがあったりして不安を悪化させる恐れがあります。

ちなみにカフェインが含まれる食品というのはコーヒーや紅茶、さらには緑茶やチョコレート、あとは栄養ドリンクが挙げられます。麦茶と杜仲茶はカフェインが入っていないので麦茶などを飲むようにしてください。あとどうしてもチョコレートを食べたいのならカフェインが比較的少ない健康志向のチョコを食べましょう。

さらに塩分を普段より少なめにしておいて下さい。生理前は塩分を摂取するとむくみやすいので気をつけましょう。塩分を多く含む食品として漬物やスナック菓子、塩味の汁物は止めておいた方が無難です。

この時期食べるように心がけて欲しい食品は全粒穀物製品と大豆製品、玄米やレンズ豆といった複合炭水化物をオススメします。あとはカルシウムが豊富な食品である乳製品などもいいでしょう。

ビタミンE、ビタミンBを摂取する為にアスパラガスやピーカンナッツ、バナナ、鳥の胸肉、卵、さつまいもといった食品も是非食べてみてください。

PMSに効果的な食べ物
  イライラや不安感、無気力などの精神的な症状から、頭痛や吐き気、腰痛など肉体的な症状まで200種類以上もあると言われるPMS...

PMSを緩和する生活

アロマテラピーは香りにより自律神経を調節する視床下部に直接アプローチすることが出来るので女性ホルモンバランスを整える効果がありPMSの緩和に効果が期待できます。

さらにこの時期は普段よりしっかり睡眠を取り身体と心を休めるように心がけてください。またリラックスする為にマッサージ、エステ、といった自分なりのリラックス方法を見つけておいて自分を労わってあげましょう。

身体を動かすことも効果があり中でもウォーキングやストレッチさらにはヨガといった有酸素運動がオススメです。有酸素運動を行っている女性の方が月経前症候群の症状が軽いといった傾向があり、リラックス効果をアップしたり新陳代謝を促進させます。

PMSに効果的なツボ

三陰交はストレスや冷え症、生理痛、下腹部痛の改善に効果があるツボで、足の内側のくるぶしの部分から少し上にあるツボです。そのツボに親指を当てて、他の指で足を握って骨の方に向かい刺激してみて下さい。

腎兪はむくみやストレス、腰痛の改善に効果があり、背骨の両脇当たりのウエスト部分から少し下にあるツボです。両手の親指でツボを圧して他の指はウエストを掴んで刺激しましょう。

内関はイライラや気分の乱れを改善してくれるツボで手首の内側に存在するツボです。そのツボを軽く目に圧して刺激して下さい。

PMSをパートナーに理解してもらうことが重要

生理前のこの時期に気を許して側にいるパートナーにイライラをぶつけてしまうことが多くその結果ケンカとなってしまいます。症状が治まった後で後悔するケースが多いのですがPMSの時期は感情を抑えることが難しいと言えます。

なので互いに快適に生活する為にパートナーにきちんと理解してもらう必用があるのです。まずは女性がきちんとPMSに関して正しい知識を学び上手に症状を緩和させるように心がけましょう。

そして自分がPMSの時期にどのような症状が出るかをパートナーに事前に教えておくのです。自分はPMSの時期は精神的に不安定で酷いことを言ってしまうかもしれないけど本気にしないで欲しいとか、注意力が落ちているかもしれないけどあまりミスを責めないで欲しいなど対処方法を伝えておくといいでしょう。

また低用量ピルを服用することでホルモンバランスを調整することが出来るのでPMSが緩和するケースもあるので試してみるといいと言えます。

PMDDの可能性も

PMDDとは月経前不機嫌性障害といってPMSは女性の80%が起こりますが、その内の5%がPMDDなのです。基本的症状はPMSとさほど違いはないのですが個人差があります。特徴としてはイライラや憂鬱感といった精神的症状が強い傾向があることで、場合によっては周囲の人間に当り散らして人間関係を壊してしまうようなトラブルに発展する事もあり暴力行為や薬物に手を染めるケースもあります。

また重度な場合は自殺衝動があったりする深刻な症状がみられるので注意が必用です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です