生理周期に適したスキンケアで美肌を手にいれよう

スキンケア

4つの生理周期を知りスキンケアの方法を調整しよう

自分ではきちんとスキンケアをしているつもりなのに、生理前になると肌の状態が悪くなり、ニキビが出来てしまうなんて人は多いと言えます。その原因は女性ホルモンの分泌のバランスが生理前に乱れるからでPMSの症状も女性ホルモンの分泌が変化することにより引き起こされます。

だからスキンケアは生理周期にあわせてその時に最適なケアを行う必要があり、肌の状態が変化するのですから当然スキンケアもそれに対応する必要があると言えます。

これから生理周期によるスキンケアの変化について説明していきます。

生理周期による肌の変化

生理周期により肌の状態は変化する

生理中は「月経期」といい生理後を「卵胞期」と呼びます。その他にも「排卵期」と「黄体期」といった風に生理周期というのは月経期・卵胞期・排卵期・黄体期に分けることが出来ます。

Ovulation cycle

だからその時期によって女性ホルモンの分泌量が変化しますし、当然それが肌の状態にも影響を与えます。だからそれぞれの生理周期に適したスキンケアを行うことが重要ですし特に一番荒れやすい黄体期は最も注意する必用があります。

月経期は乾燥注意

月経期はつまり生理中のことを指しますが、この時期は貧血になる人も多く体温が下がり、血行が悪くなる傾向があります。だから肌の状態も乾燥しがちになるのです。つまり月経期のスキンケアは特に保湿に力を入れるようにして下さい。

卵胞期はもっとも攻める時期

卵胞期は肌の状態が最もいい時期で、その理由は女性がキレイになる為のホルモンでもあるエストロゲンが最も多く分泌される時期だからです。だから卵胞時期は攻めのスキンケアを行ってみてください。新しい化粧品を試してみる場合はこの時期に使用することをオススメしますし角質ケアとかピーリングといったことを行ってみるといいでしょう。普段よりスペシャルケアをすることでよりキレイになることが出来る女性には嬉しい時期だと言えます。

排卵期は徐々に守りのスキンケアに切り替える

排卵期というのはプロゲステロンの分泌量が段々増えてくる時期を指します。ですが排卵期は肌の内側は乾燥しやすい時期でもあるので、しっかり保湿ケアを行ってください。そして排卵期の後には黄体期が来るのでニキビの予防などを心がけるといいでしょう。ちなみにニキビの予防というのは肌の新陳代謝を促すビタミンを摂取したり、顔とか首周りのマッサージを行うことで体内の老廃物を排出するように促してやることも効果があります。

黄体期は守りのスキンケアを心がけよう

生理前は黄体期に突入しPMSといった症状が出るのもこの時期です。体にむくみが生じたり、肌が油っぽくなってしまいますが、スキンケアのし過ぎは逆効果です。肌荒れがしやすい不安定な時期なので基本のスキンケアをきちんとして、肉や糖分といったモノの摂取を控えて野菜や果物を摂取することでビタミン、ミネラルを取るようにしてください。

基礎体温をチェック

体温計

ホルモンリズムを知ることが重要

生理周期というのは基本的に28日周期ですが個人差があると言えます。だから自分の生理周期を知るには基礎体温をつけるといいでしょう。毎朝基礎体温をチェックすることで生理周期を知り、それに適した肌のケアを行うことが出来ますし、自分のホルモンリズムが分かればPMS対策もすることが可能です。

基礎体温

基礎体温は低体温と高体温があり、2週間ずつ交代で訪れます。きちんと2相に分かれている場合は2つの女性ホルモンが正常に分泌されているということが出来ます。ですがずっと低温期が続いていたり、低温期が長い場合は、排卵が行われていないケースやプロゲステロンの分泌量が減少している場合があります。そんな風に生理周期を知り、その時期に適したスキンケアをすることで肌トラブルを出来るだけ減らすことが出来ますし、一歩進んだスキンケアを行うことが出来るのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です