月経前の「めまい」はしんどい

月経前のめまいはPMS

立ち上がろうとすると体がフワフワした感じがして、視界がかすんでクラクラする。力が入らずに立っていることができない状態、これがめまいです。

日頃は何もないのに、ある時期になるとめまいを起こす方はいませんか。

月経前のめまいはPMSである可能性があります。

めまいが起こるメカニズム

PMSでめまいが起こるメカニズムは、複数考えられます。

自律神経に異常

自律神経ってよく聞くけれど、実はなんとなくしか・・という方は多いのではないでしょうか。

全身を張り巡っている神経には、痛い・熱いなど意識することができる体性神経と、内臓や血管などに影響し自分では意識することができない自律神経という2つの神経系統があります。

自律神経はさらに交感神経副交感神経という2つにわかれ、このバランスによって私たちは健康に過ごすことができているのです。

活発に動いているときは交感神経が、リラックスしているときは副交感神経が優位になっています。

排卵直後はプロゲステロンが大量に分泌され、もう一つの女性ホルモンであるエストロゲンは減少します。このバランスの崩れが交感神経を活発にし、体にさまざまな異常があらわれてめまいが起こってしまいます。

貧血

月経になる時に子宮が活発に動き出すことによって、子宮に血液が集まってきます。

そのため一時的に全身の血液量のバランスが崩れてしまい、月経前から貧血傾向になってしまう「虚血性貧血」が起こります。

通常、体は脳をメインに血液を送ろうとしているのですが、子宮に血液が集まるとほかの臓器に送れる血液量が減ってしまいます。

その結果、脳に送る血液量も減ってしまうためにめまいが起こってしまうのです。

もともと原因がある

日頃から片頭痛がある人は月経前になると悪化する傾向があるようです。頭痛が悪化するとめまいも起こってしまいます。

冷え性の人や血圧が低い人は血液の流れが悪くなっているので、新陳代謝も悪くなりむくみやすい体質といえます。月経前は、ホルモンバランスが崩れ、むくみが起こりやすくなっています。

このむくみがPMSのめまいに関係することも報告されています。

めまいの対策

交感神経や頭痛など、ストレスに関連してめまいは起こってしまいます。

月経前は無理をせずに、ゆったりとした時間を作ることが効果的なようです。

軽い運動やマッサージ、半身浴など自分なりのリラックス時間を作るようにしましょう。

ただし、月経が終わってもよくならないめまい、他の病気のサインである可能性があるので、我慢せずに専門家に相談してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です