あまり知られていない月経前緊張症(PMT)について

mametisiki

月経前緊張症の原因と対策について、もしなったらどうする

月経前緊張症になる原因もありますが、まだきちんと確証があるわけではなく、謎なところが多いです。

卵巣ステロイドホルモンに対する標的器官の感受性の差が原因だという説や水分貯留症状や低血糖類似症状からレニンアンジオテンシン系の異常、セロトニンなどの神経伝達物質の異常分泌があるとするものとさまざまな説があり、まだきちんとした原因が見つかっていないのが、現状です。

しかし、悩んでいる本人は深刻な悩みだと考えている人もいて、どうにかして治したいと思っています。精神的に不安定になるのは、生活していても辛いですし、日常生活に支障が出る場合もたくさんあります。

原因が分かっていないですが、治療法もあるので、医師に相談して、少しでも改善する方法を探すことが大事です。その方が本人も安心するでしょうし、病院に行って、改善したから行って良かったと思っている人もたくさんいます。毎月の一時期のことだからと楽観視しないで、悩んでいる人は病院に行って相談することをオススメします。

生理前緊張症の特徴と、どういう時に病院へ行けばいいか

では、症状としてどのような方法があるのかというと、生理2週間前から数日前になると、頭痛、腰痛、下痢痛、むくみ、体重増加、便秘、下痢、などの身体状態やイライラ、めまい、うつ状態、無気力、食欲不振、集中力低下、のような精神状態があらわれ、生理とともになくなるのが特徴です。

不愉快な症状が生理前にあるけど、生理が始まるとすっかりよくなったという場合は、生理前緊張症だと思ってもいいです。また、症状は毎月必ず同じ症状がでるのではなくて、その時の精神状態、生活の状態、置かれている状態によってさまざまですので、軽い時もあったり、重い時もあったり、出る症状も一定ではないのがやっかいなところです。

生活に支障が出るくらい辛い場合は、病院に行って、薬物療法と日常生活上での注意点で処置をしていくので、病院に行ったら、医師の指導に従うことが少しでも良くする方法です。学校の友達や家族に迷惑をかけてしまう前に自分で少しでもよくなる方法を考えましょう。

月経前症候群と月経前神経症の違いとは何か

月経前症候群はよく聞く名前で、どちらかというと、月経前症候群の方が知っているという人は少なくないと思います。

月経前にイライラしたりするのが月経前緊張症と1930年代の月経の問題を研究する科学者によって確認されました。月経前緊張症は、多くの女性に疲労やうつ状態、短気になるなどの症状がみられ、実験結果によると、100以上の症例が報告されました。

ですので、現在は、月経前緊張症は、月経前症候群の一部と認識されて、深い関係性があることが分かりました。ですから当然、月経前症候群への影響もあり、緊張性も含めて考えられている事が多いです。

ほとんどの女性は、100例以上ある生理前の不快な症状の中のほんの一部を体験しているだけで、全ての症状はあらわれていません。このように、有名な月経前症候群の中の1つの症状に月経前緊張性があるので、少しでも不快な症状があらわれたら、注意が必要です。深刻になる前に対策を自分で考える事が大事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です