覚えておくと安心!マッサージでPMSを緩和しよう。

074

月経を経験している女性の多くが抱える悩み「PMS=月経前症候群」。
月経前の3~10日程の期間は、頭痛や腰痛、肩こり、浮腫みなどの身体的症状や、意味もなくイラついたり気分が落ち込んだりします。
症状の酷い人になると日常生活に支障をきたすほど、このPMSでお悩みの人は多数います。

勿論、症状の酷い人は病院を受診して治療をしているでしょうが、いざという時のセルフケアは心強い味方!
ここでは、いざという時に覚えておくと安心な「PMS軽減に効果のあるマッサージ」をご紹介します。

PMSについて知ろう

つらいPMS絶えられないPMSは、月経により変動する女性ホルモンに影響を受けて起こる不快症状のことです。
排卵以降に増加するプロゲステロンの作用で、血行が悪くなり体温が上昇するなどのことから、
PMSの身体的症状である浮腫みや腰痛などが引き起こされます。

また、プロゲステロンが増加すると脳内物質であるセロトニンが減少すると言われています。
セロトニンは、別名「幸せホルモン」。
ですから、このセロトニンの減少によりPMSの精神的症状である気分の落ち込みやイライラなどが起こってしまうのです。

生理前のイライラを鎮めるセロトニンについて知ろう!
つらいPMS(生理前症候群)の原因は一体何者? 神経はたくさんの物質をつかって情報を伝えていきます。情報を伝えるためにつかう物質を神経...

PMS軽減に効果のあるアロママッサージ

腰痛
PMSの時期によく聞かれる不調に、腰痛や肩こり、下腹部痛など…痛みを伴うものがあります。
こうした不調は、セルフマッサージでも十分緩和する事ができますので、是非知っておきましょう。

特にお勧めなのが、アロマオイルを使ったマッサージです。
アロマオイルにはPMS軽減に効果のあるものがいくつかあります。
PMSの症状に総合的な効果のあるクラリセージ、浮腫みなどの症状の軽減に働くグレープフルーツなど…
こうしたアロマオイルを植物油に希釈すれば、マッサージオイルの完成!
早速、痛みのある部分に塗布してマッサージしていきましょう。

手のひらにマッサージオイルを取って患部にまんべんなくなじませたら、優しく円を描く様にマッサージします。
腰や肩など筋肉の張りを感じる部分は、親指などで気持ちいい程度の強さで指圧すると良いでしょう。
下腹部痛には、おへそを中心に時計回りに軽く擦るマッサージが効果的。
いずれの場所も、あまり力を入れずにマッサージする事を心掛けておくと良いでしょう。

優しい香りで癒される…PMSに効果があるアロマとは?
皆さんは「PMS」という言葉を知っていますか? PMSは「月経前症候群」と呼ばれるもので、月経前になると様々な形で現れる心身の不快症状の事...

PMS軽減に効果のある足つぼマッサージ

足つぼ

アロマオイルが無くても出来るPMS軽減の効果が期待出来るマッサージがあります。
それが足つぼマッサージです。

PMS軽減に効果のあるつぼというのがいくつかありますから、そこを刺激していきましょう。
子宮の反射区にあたる足首近くのつぼや、足裏のかかとより内側にあるつぼが効果的。
少し痛気持ちい程度の強さで刺激すると良いでしょう。

また、足に浮腫みがある際には足の甲を足指の骨に沿ってマッサージします。
この場所にはリンパ腺が通っていますので、浮腫みの除去には大変効果的!
足がだるい時などにも、是非試してみて下さいね。

まとめ

016

このように、一口にマッサージと言っても色々な方法とやり方があるのです。
PMSの症状は人によって個人差があります。
ですから、自分の症状にはどのマッサージが効果的なのかを知っておくのも大切な事ですね。
PMS軽減に効果のあるマッサージで、自分の身体と心の声に耳を傾けてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です