PMSの治療方法~薬物療法・非薬物療法~

つらいPMS絶えられない

生理前の女性を悩ませるさまざまな不快症状PMSは、人によって現れる症状もその重さもさまざまです。

 軽いPMSなら良いのですが、日常生活を送るのも困難な症状の場合は非常に困りますね。

 そんなPMSの治療方法には、薬物療法と非薬物療法があります。

 今回は、PMSの治療法についてご紹介します。

薬物療法とは

 PMSによる身体的・精神的不調を改善するために薬を用いて治療する方法です。

経口避妊薬(ピル)

 プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)を含んだ薬です。

 服用することで排卵がストップし女性ホルモンが低下することでPMSの症状が出辛くなります。

 人によってその効果は様々ですが、身体的な不調の緩和には一定の効果が得られるようなので、毎回生理前になると様々な体の不調に悩まされると言う方は試してみると良いでしょう。

うつ薬、抗不安材(精神安定剤)

 落ち込んだりイライラするなど精神的な面で強く表れるPMS症状にお悩みの方には、抑うつ薬、抗不安材(精神安定剤)が効果的と言われています。

 抑うつ薬にはセロトニンを増やす作用があるため、落ち込みがちな気持ちを改善することができます。

 また抗不安剤には安全性と治療の成果が確認されているベンソジアゼピン系の薬剤が多く使われているようです。不安やイライラをおさえてくれます。

漢方

 PMSの症状や体格に合わせて、桃核承気湯、桂枝茯苓丸、加味逍遥散、抑肝散、当帰芍薬散、五苓散、半夏厚朴湯などが処方されることが多いようです。

非薬物療法とは

比較的、PMSの症状が軽い方には特に効果的な治療法です。

食事療法

 普段から栄養バランスの取れていない食生活をしている方はPMS症状が重くなるので、食事内容の改善などの「食事療法」は効果が高いと言われています。

 普段から自律神経を安定させ、副腎機能や肝機能を高め、内分泌腺の機能を整えるものを食べるようにしましょう。

 またタンパク質の代謝を促して免疫機能を高めるビタミンB6も、PMSの症状改善に役立つことが知られています。 

 さらに女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンを含む大豆食品も効果的。PMS症状が出ているときに不足していることがわかっているγリノレン酸の補給にもなります。

PMSに効果的な食べ物
  イライラや不安感、無気力などの精神的な症状から、頭痛や吐き気、腰痛など肉体的な症状まで200種類以上もあると言われるPMS...

運動・リラクゼーション

 また運動不足による筋力の低下や血液循環の悪化も悪影響を与えるため、日常的に適度な運動をすることも効果的。

 気分転換にもなり、PMSにお悩みの方は運動をする習慣を取り入れることをおすすめします。

 さらにストレスが与えるホルモンバランスの乱れ等もPMSを悪化させるため、リラクゼーションなども良いと言われています。

 以上、PMSの治療方法についてご紹介しました。

 

 女性が、女性ホルモンの働きによって体調や精神が左右されてしまうことは仕方がないことです。

 閉経までの長い間、定期的に来る生理とその前に起こるPMSとうまく付き合っていくことは、人生を良くすることと同義です。

 PMSが辛い方は、ぜひ上記の治療方法があることを念頭に置き、少しでも快適に過ごせるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です