この症状もPMSだった!PMSの意外な症状10種類紹介!

PMSの意外な症状10種類紹介

女性特有のつらい症状といえば、まず初めに生理痛を思い浮かべる人が多いと思いますが、最近ではPMSもよく耳にする症状ですよね。

月経前症候群のことですが、実は、生理痛と同じくらい苦しんでいる人がいるんです。
女性のなんと8割にも上ります。

しかし、PMSの症状について詳しく知っていますか?
PMSの症状は、個人差があります。
ですから、自分の周りに同じ症状で悩んでいる人がいない場合も多くあります。

こんな症状は自分だけなんじゃないかと心配に思っている人のために、代表的な症状以外にどんな症状があるのかご紹介しましょう!

知られざるPMSの症状

PMSといえば、胸の張りや腹痛を思い浮かべる人が多いと思いますが、PMSの症状は、200種類以上あると言われています。

ですから、周りに同じ症状の人がいなくても、実はその症状もPMSだったということがあるんですよ。
では、具体的にどのような症状があるのか、ご紹介しましょう。

  • 風邪に似た症状
  • のどの違和感
  • 頭皮が脂っぽくなる
  • 目の腫れ
  • 目の奥の痛み
  • 歯ぐきの腫れ
  • かゆみ
  • 尿がいつもより臭う
  • おりものに血が混じる
  • 口内炎

これらの症状もPMSの症状なんです。
ご存知でしたか?

生理前は、風邪をひきやすいと思っている人いませんか?
それは、風邪ではなく、PMSかもしれませんよ!
もし、いつも生理前に起きる症状があるなら、気をつけてみるといいかもしれません。

生理痛に似た症状もある

他にも、生理時の不快症状に似た症状もあります。
例えば、以下のような症状です。

  • 腹痛
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 眠気
  • イライラ

この、生理痛に似た症状のPMSですが、原因は生理痛とは異なります
PMSは、主にプロゲステロンが原因で起きると言われている症状で、生理痛は主にプロスタグランジンが原因で起きると言われている症状です。

プロゲステロンは、排卵後から生理前に分泌が増える女性ホルモンの一種です。
それとは違い、プロスタグランジンは子宮収縮ホルモンと言われている物質で、生理の経血を体外に排出するために必要なホルモンです。
例え、似た症状でも原因は異なるんですね。

ただし、生理痛と大きく違うのは、PMSは精神的な影響が大きいということ。
生理痛にもストレスは大敵ですが、PMSは、よりストレスに影響されます。
ですから、悪化させないために、ストレスには気をつけましょう。

PMS対策はリラックスが一番!

先ほど申し上げた通り、PMSはストレスで悪化します。
ですから、PMSの起きる時期はストレスをためない生活を心がけましょう。

しかし、ストレスをためない生活を心がけましょうと言っても、実際は難しいかもしれません。
もしストレスをためてしまったら、なるべく早く解消しましょうね。

例えば、適度な運動がオススメです。
ストレッチやヨガなどで身体の緊張を緩めましょう。
また、アロマテラピーやマッサージも効果的です。

ストレスを上手に発散すれば、PMSの症状も緩和することができますよ。
あなたに合ったストレス発散法を見つけてみてくださいね!

PMSはつらいものです。
しかし、周囲の理解を得るのも難しく、毎月悩んでいる人も多いことでしょう。

しかし、その悩みが一番PMSを悪化させている原因なんですよ。
PMSは女性である限り切り外せないものですが、上手に付き合っていくことはできるはず。
ストレスを解消して、つらいPMSを乗り切りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です