重だるい腰痛はPMSの症状かも

腰痛はPMSの症状かも

人間は2足歩行に進化した結果、ほかの動物にはみられない腰痛が起こりました。

特に年配になると腰痛持ちの方が増えてきますが、PMSとして女性特有の腰痛もあります。

鋭い痛みよりもズーンと重だるい感じが腰全域に広がっている人が多く、姿勢を変えてもあまりよくなりません。

PMSの腰痛は月経前から月経中に痛みが強くなることが特徴です。

 

腰痛の原因

PMSで腰痛が起こる原因は?

ホルモンの影響

PMSで腰痛が起こる原因は、腹痛と同じです。

排卵直後に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)から合成される、プロスタグランジンという物質が関係しています。プロスタグランジンは血管を収縮させ、血流が悪くなります。

プロスタグランジン自体にも痛みを強める作用があるため、量がピークになる月経に腰痛がよりひどくなってしまいます。

また、月経時に卵巣・子宮から分泌されるリラキシンというホルモンも関係しています。

これは子宮弛緩因子とも呼ばれており、出産時に骨盤を開きやすくするためのホルモンです。

子宮を固定している靭帯がゆるみ骨盤もゆるくなるため、支えている筋肉の負担がいつも以上にかかってしまい腰痛が起こります。月経期にお尻が大きくなる感じがするのも、このためです。

ストレス

仕事やプライベートのストレスで、原因がはっきりしない腰痛が発生するという報告があります。

もともと腰痛がある人はPMSで悪化することがあるので、日頃から腰痛の予防をおこなっておく必要があります。

腰痛の改善方法

腰回りの筋肉を鍛える

足を組んだり、片足に体重をかける癖はありませんか。

骨盤がゆがんでいると、血流が悪くなり腰痛が起こります。

骨盤周囲のインナーマッスルを鍛えることで骨盤のゆがみがよくなり、血流がよくなります。

また、月経で緩んでしまう筋肉を前もって鍛えておくことも重要です。

ストレッチやウォーキングで筋肉を鍛えることが腰痛を改善することにつながります。

日頃から少しずつ歩く意識付けや、お腹やお尻をきゅっと締め付ける運動で骨盤底筋群は鍛えられます。

骨盤底筋群を鍛えるストレッチは女性誌などでも紹介されていますので、筋肉をつけて腰痛を改善しましょう。

骨盤底筋群を鍛えるストレッチ

体を温める

温めのお風呂にゆっくり入り血行をよくすることは腰痛の改善になります。

足浴だけでも下半身の血流がよくなり腰痛に効果があります。

日中も腰回りを温めることがとても大切で、冬なら貼るホッカイロを腰の少し下に貼っておくとよいです。夏はなかなかカイロまではいきませんが、腰回りを冷やさないような服を選ぶようにしてください。

腹巻は寝ている間も温かさを保ってくれますし、夏用の薄手の腹巻も売られています。

また、下半身を締め付ける下着などは血流を悪くしてしまうことがあるので、月経前後は下着にも気を付けましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です