PMSの症状~情緒不安定~ 原因と対策方法

PMS情緒不安定な状態

 

月経前に起こる様々な不快症状の中でも、体の痛みを伴わない分、なかなか人には理解してもらえないのが精神面に起こる様々なPMSの症状です。

 少しのことでイライラする、不安になる、孤独感にさいなまれる、自己嫌悪が強くなる、泣きたくなる、無気力になるなどの情緒不安定な状態は、ひどくなると日常生活に支障をきたし、人間関係を悪化させるなど深刻なトラブルを招きます。

 今回は、「情緒不安定」の原因と対策方法をご紹介します。

女性の情緒不安定の原因は女性ホルモン?

 排卵後から生理が始まるまでの二週間、女性の身体ではプロゲステロンという女性ホルモンがさかんに分泌されます。

 これは受精したときにしっかり妊娠できるように女性の体を整えるためのもので、その間もう一つの女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌は押さえられています。

 もし受精し妊娠すればそのままプロゲステロンが多く分泌され続けますが、妊娠に至らなかった場合には、反対にエストロゲン優位の状態に戻るということを女性の体は繰り返しています。

 このプロゲステロン優位の排卵後~生理が始まるまでの間、分泌を抑えられているエストロゲンにより脳内で幸福を感じると言うセロトニンも減少させてしまいます。

 その結果、様々なメンタルの不快症状が引き起こされると言われています。

 またPMSの不快症状の一つである不眠なども影響し、精神的に不安定になってしまうのです。

「情緒不安定」の対策方法

 精神的な問題なので、日常生活を送ったり対人関係に支障が出るなどあまりにひどくなると薬の利用をおすすめします。

 そのほかの対策方法として、「今、自分はPMSの時期なんだ」と認識することも効果的です。

 気分がイライラしたり、落ち込んだり不安定になっているときに「今はそういう時期」「自分のせいではなくホルモンのせい」と割り切ることで、かなり気分が楽になります。

 またいろいろとネガティブに考えてしまう時期なので、マイナス思考になっていると思ったらとにかく運動や掃除など体を動かすことも「行動療法」といって効果があることが知られています。

 ほかにも、美容院やエステやネイルサロンに行く、映画を見に行く、ショッピングを楽しむなど気分転換を積極的に行うことも効果的です。

 そして無理をせずリラックスをし、なるべく一人でいるようにする、逆に大勢で馬鹿騒ぎをするなど自分にあった過ごし方を見つけてください。

 以上、「情緒不安定」になる原因と対策方法をご紹介しました。

 目には見えない精神の不安定な状態は、なかなか人にはわかってもらえず、一人で苦しんでいる方も多いですね。

 ですが、それはあなたのせいではなく、ホルモンのせいなので、深く突き詰めて考えることはやめましょう。

 そういう気分が本調子でないときには、何も考えずにできるスポーツや気分転換になるショッピングなどに取り組み、気持ちを外側に向けて、ストレスを溜めないことがとても大事ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です