PMSの症状~腹痛~ 原因と対策

毎月のPMS腹痛の悩み

 女性が感じるPMSの症状の中でも一般的なのが「腹痛」です。

 ひとこと「腹痛」といっても、人によってその程度はさまざまで、なんとなくどーんとだるい感じがするという軽い症状から、おなかが痛くて夜も眠れないという重い症状まで様々。ですが、一般的に腰全体が痛いというのがPMSによる「腹痛」の大きな特徴です。

 今回は、「腹痛」の原因と対策方法についてご紹介します。

「腹痛」の原因

 他のPMSの症状と同じく、生理前にはプロゲステロンといわれる女性ホルモンが多く分泌され、同時に子宮を収縮させるプロスタグランジンも分泌されます。

 過度にプロスタグランジンが分泌されると子宮の収縮が起こり、周囲も巻き込むことで腹痛が起こると言われています。

 また妊娠中には子宮に多くの血液が集まりますが、プロスタグランジンにより収縮した子宮では血行不良が起こり、骨盤内全体が血行不良に陥ることで痛みや重さを感じるようです。

 さらに骨盤の恥骨部分を緩めるホルモン「リラキシン」が腹痛の要因となります。骨盤が外に開いてしまうため、内臓等を支えるために腰回りの筋肉や関節・腱などに多大な負荷がかかって痛みを感じます。

 そしてプロゲステロンの働きで体内に水分を溜めこみやすくなり、溜めこんだ水分が骨盤を押し広げることでも重みや痛みを感じるようです。

「腹痛」の対策方法

原因からもわかるように、生理前の女性の腰周辺には多大なストレスが掛かっています。

 その負担を軽減するようにすれば、腹痛をかなり改善することができます。

 その方法として

  • ストレッチやヨガなどの運動で骨盤を引き締める
  • 半身浴やカイロなどで体を温める
  • 冷たい食べ物飲み物を避け、体の内部が冷えないようにする
  • プロスタグランジンの生成を抑える働きのあるカルシウムを積極的に摂る
  • ストレスを溜めないようにする

などがオススメです。

おすすめの「腹痛」対策エクササイズ

 簡単にできるエクササイズもご紹介します。

骨盤まわしエクササイズ

 足を肩幅に開き、腰に手を当てて背筋を伸ばして立ちます。

 そして骨盤を回すように右まわりで10回、左まわりで10回を1セットとし、3セット行うだけ。

 歪んだり開いた骨盤を正しい位置に戻すことができます。テレビを見ながらなどリラックスしながら楽しく行いましょう。

骨盤底筋エクササイズ

 床にあおむけに寝ころび、足を肩幅に開いて膝を立てます。

 骨盤を支えるインナーマッスルである骨盤底筋を意識しつつ、息をはきながらゆっくり引き締めて5秒間キープ。

 そして同じようにゆっくり緩めるのを1セットとし、10回行いましょう。

 どちらも簡単にできるエクササイズなので、家の中でリラックスしているときなどにぜひ続けるようにしてください。
 以上、「腹痛」の原因と対策についてご紹介しました。

 寝込むほどではないけれど、違和感や痛みの症状が続く「腹痛」は本当に不快ですね。

 普段からのエクササイズや対策方法を実践して、症状を軽くするよう心がけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です