決して侮れないんです!PMSの精神的症状って?

Looking

あなたは「PMS=月経前症候群」という言葉を耳にしたことがありますか?
PMSとは月経前の2週間ほどの期間に起こる頭痛や腰痛・下腹部痛、倦怠感などの身体的症状や、イライラや情緒不安定・うつ症状、不安感、焦燥感、集中力の低下や眠気、不眠などの精神的症状のことをいいます。
月経を経験している女性の約8割にこのPMS症状があると言われており、個人差はあるものの症状が強い人は日常生活に支障をきたすこともあるので、決して侮ることはできません。

中でも特に注意して頂きたいのが精神的症状。
PMS特有のイライラやうつ症状は通常のうつ病などとの判別が付けにくく、PMSによるものだと分からないまま強い向精神薬などが処方されている人も少なからずいるようです。

そこでここでは、様々なPMS症状の中でも特に精神的症状に着目してお話していきたいと思います。

PMSの精神的症状

PMS(月経前症候群)

様々あるPMSの症状の中には、特に精神的な面に現れる症状があります。
意味もなくイライラしたり、極度の不安感や焦燥感に襲われたり、過度の眠気や不眠などの睡眠障害に悩まされている人もいます。
このように、PMS症状の中でも特に精神的症状が重く現れ、日常生活に支障をきたす程の状態になると「PMDD=月経前不快気分障害」という診断が出されます。

こうした症状が出てくる月経前の時期以外は問題なく生活できるのです。
ですが、いわゆるPMS症状が出る時期である月経前になると攻撃的・暴力的になったり、重度の抑うつ感から自殺願望や自傷行為を引き起こしてしまうこともあると言われており、決して楽観視することは出来ません。

このPMDD症状は、月経を経験しており、なおかつPMS症状で悩んでいる女性の中の約5%ほどが抱えていると言われています。
精神的症状が非常に強く出現するPMDDの女性は、基本的な日常生活だけではなく周囲との人間関係にも大きく影響を及ぼす傾向にあり、深刻になると家庭不和や離婚に発展するケースもあるとか…
またPMS自体が症状に個人差があるので、同じ女性同士でもなかなか理解されにくいケースもあるのです。

PMDDとうつ病の違い

トリプトファン

PMDDの症状として挙げられているのは…強い抑うつ感や不安感、緊張感、情緒不安定性、イライラ、それを超える激しい怒りや感情の抑制がきかない、気力や集中力の低下などの精神的症状。
それに加えて過眠や不眠、頭痛、過食、吐き気などの精神的症状からくる身体的な症状。
こうしたPMDDの症状によく似ている症状として挙げられるのが「うつ病」です。

うつ病に罹った場合も、同様の症状が見られるので、PMDDの症状が重く現れていると「うつ病」としての診断が出されてしまうケースもあるようです。
ですが、PMDDの症状とうつ病には大きな違いがあります。

うつ病の症状は症状の出方にムラはあるものの長く継続するのが特徴です。
しかしPMDDの場合は、これらの症状が月経後遅くても1~2日で症状が消失してしまいます。
PMDDとうつ病では発症の原因が全く異なるので、治療方針や内容も異なります。
ですから、きちんと症状を見極めて医師に伝える事が大切なのです。

PMDD(月経前不快気分障害)の症状と治療について
PMSと似ているようで違うPMDDとは何か PMDD(月経前不快気分障害)とはどのような病気か PMS(月経前症候群)というのは、月...

3.PMDDのセルフチェック方法は?

仕事を休むコツ

では、うつ病とPMDDを間違えない為にはどのように違いを見極めると良いのでしょうか?
PMDDは、PMS症状と同じく月経周期に影響を受けて症状が現れます。
ですから、まずは自分の月経周期をきちんと知る為に基礎体温を付けてみると良いでしょう。
基礎体温を毎日つけていくと、自分の症状がPMSやPMDDなのかうつ病なのかを判断しやすくなります。
PMDD改善のきっかけに、是非基礎体温を付けてみて下さいね。

まとめ

ライフスタイルの変化

ここまでPMSの精神的症状であるPMDDについて述べてきましたが、いかがでしょうか?
PMDDも、PMSと同じように適切な治療を受けることで症状が緩和され楽になることができます。
「もしかして私、PMDDかも…」と思ったら、是非早めに専門の病院を受診して医師の判断を仰ぎましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク