生理中のカラーリングは控えた方が良いのでしょうか

カラーリング

生理の周期から考えるカラーリングに最適な時期

カラーリングやパーマをかけてもらいたくて、予約した日に、予定より早く生理が来てしまったりすることがありますよね。一般にカラーリングやパーマを生理中にするのは良くないと言われることがあります。市販のカラーリング剤の取扱説明書にも、注意するように記入されていたりします。人それぞれ、腹痛や、頭痛、イライラ、倦怠感などの生理中の症状は変わりますが、そう言った症状があまり出ずに、体調が比較的いいときは、カラーリングしてもよさそうな気がしますよね。そんなときでも、カラーリングを控えたほうがいいこともあるのでしょうか。
実際に、予定より早く生理日が来てしまって、予定を延期することも気がひけるので、生理中に止むを得ずカラーリングした人の体験談があります。この方は、生理痛も少なくて、その日の体調もあまり影響を感じないのでカラーリングをしてみたそうですが、カラーが髪に定着するのにいつもより長い時間がかかったそうです。数分間長く放置したことで、綺麗にカラーリングできたようですが、このように生理日はカラーが定着しにくいことがあるようです。
では、いったいどうして、このようなことが起こるのでしょうか。
生理中は、ホルモンのバランスが変化する時期です。このことによって、肌が敏感になります。肌が敏感な状態だと、ちょっとした刺激が加わることで赤くなってしまったり、痒くなってしまったりします。また、吹き出物やニキビができやすい状態になっているので、注意が必要です。

017
もちろん頭皮も肌と同じように敏感になっています。なので、この時期にカラーやパーマをかけると、毛根に薬剤が浸透するこによって、炎症を起こしてしまったり、しみたりすることがあるのです。また、一言で生理中と言っても、体調の変化によって毎回違うもの。何度かやってみて大丈夫だったとしても、カラーリング剤にかぶれてしまったり、アレルギーを引き起こしてしまったりすることもあるようです。生理時期のカラリーングやパーマは避けた方が良いのではないでしょうか。

Livery
では、カラーリングやパーマをするのはいつがベストなのでしょうか。生理が始まってから排卵までは、基礎体温が36.5℃以下に下がる低温期がおよそ14日間続きます。その後、低温期が終了すると、次は排卵が始まっておよそ14日間、高温期が続きます。低温期から高温期までが1周期で、周期を繰り返しているのですが、この周期が一定のリズムを保っていれば、ホルモンバランスの状態が良く、体調も整い良好です。特に、低温期から高温期に向かう時期は、新陳代謝が活発になるので、肌の調子が良くなります。こうした肌の調子がいいときは、もちろん頭皮の状態も良いので、カラーリングやパーマをするのに良好な状態と言えるでしょう。

生理の周期とヘアケアには深い関係があることがわかりました。

まとめると、

  • 生理中は肌も頭皮も敏感なので、この時期にカラーリングやパーマをすると、炎症をおこしたりする可能性がある。
  • 1度やってみて大丈夫だった人でも、生理中の体調の変化によって変わるので、やはり注意が必要。
  • 頭皮にダメージがなくても、カラーが入りにくいことがあったりするので、不調を感じない場合でも、やはり生理中は避けた方が良さそう。
  • 低温期から高温期に向かう時期は新陳代謝が活発になり、肌の調子が良くな流ので、カラーリングは低温期に行うのがベスト。

でした。
様々な条件がありますが、生理とヘアケアの関係を知ることで、肌のトラブルが起きないように、できるだけ自分の体調を調整して、美容院で快適にカラーリングやパーマをかけてもらいましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク