PMSを治療しよう!PMSで受診できる診療科をご紹介

イライラ

毎月のPMSがひどくて、周囲の人に迷惑をかけているという人はいませんか?
PMSだからしょうがないと諦めてはいませんか?

PMSを治療してくれる病院があるのをご存知でしょうか。
実は、PMSは治療ができるんですよ!

もし、周囲の人に迷惑をかけてつらいと思っているなら、一度受診してみませんか?
どこの病院に行ったらいいかわからないという人のために、PMSで受診できる診療科を集めてみました。

PMSなら婦人科へ

PMSは女性特有の症状です。
まず、初めに思い当たる診療科は婦人科ではないでしょうか。

その考えは正解です。
婦人科ではPMSの診療を行っています
もちろん、産婦人科でも行っていますよ。

問題は、その症状が本当にPMSなのかです。
それを調べるためにも、まず初めに婦人科を訪れましょう。

PMSで婦人科を訪れる場合には、自分の生理周期を把握していることが前提となります。
受診する際は、生理周期やPMSの症状が生理の何日前から起こるかなど、症状について把握しておきましょう

PMSの治療方法

PMSの治療は、主に投薬での治療になります。
具体的には、漢方薬低用量ピルの処方です。

ただし、医師によってはPMSの治療に消極的な場合があります。
PMSの治療に積極的か、事前に調べてから受診するようにしましょう。
PMSの症状が精神的なものの場合、精神科や心療内科に移って治療をする場合もあります。

精神的な症状の専門医は、精神科や心療内科になります。
もし、専門医の治療を受けたいなら、婦人科や心療内科などが受診できる総合病院を選びましょう。

薬の効能と副作用

漢方薬

漢方薬には即効性はありません。
しかし、体質を改善する効果がありますので、長い目で見ると有効な手段です。

PMSに効果がある漢方薬は複数あります。
症状や体質に合わせて医師が処方してくれるでしょう。

PMSに効果がある漢方薬の一例

  • 当帰芍薬散
  • 桂枝茯苓丸
  • 桃核承気湯
  • 女神散
  • 抑肝散
  • 加味逍遥散

安易に自己判断するのは危険ですので、必ず専門医の診断を受けてから服用するようにしましょうね。

低用量ピル

低用量ピルは即効性があるのが魅力です。
PMSの症状が重い場合、こちらを勧められることが多いです。

ただし、個人差はありますが副作用があります。
たいていの場合、副作用は2か月ほどで治まりますので、即効性を求めるなら、低用量ピルを処方してもらうといいでしょう。

低用量ピルを使うと、将来的な妊娠に支障があるのではないかと心配になる人もいると思いますが、服用をやめれば通常通り排卵は始まります。
ですから、将来的な不妊の心配はありません

PMSを治療するという方法

PMSは必ずしも治療しなければいけないというものではありません。
しかし、PMSが重くて仕事や人間関係に支障をきたしている人がいるのも事実です。

我慢することだけがいいことではありませんし、重すぎるPMSは病気のサインかもしれません。
もし、PMSが重いなら一度病院を訪れてみてはいかがでしょう。

専門医の診察を受ければ安心しますし、PMSが緩和する可能性もあります。
確かに、婦人科や精神科は敷居が高いかもしれませんが、受診するだけの価値はあるのではないでしょうか。

身近な人を傷つける前に、取り返しがつかないことが起きる前に思い切って病院を受診してみましょう。
きっと、あなたに最適な治療法をアドバイスしてくれると思いますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です