生理前の体重増加は太ったからじゃないって本当?

体重増加は太ったからじゃない?

順調だったダイエットも最近変化がなくなった。それどころか逆に
「太ったんじゃない?」
なんていわれてまたダイエット失敗かも?と思ったあなた、もしかして生理前ではありませんか?
もしそうならそれは女性特有の生理機能による一時的な体重の増加に過ぎないかもしれません。
太ったわけでもダイエットに失敗したわけでもないかもしれませんよ。

生理前に体重が増えるメカニズムについて

女性の身体は生理の2週間程度前になると卵巣から女性ホルモンの一つ黄体ホルモンが多く
分泌されるようになります。すると身体は出血に備えて栄養や水分、塩分を溜め込もうとします。
さらには代謝を抑えて脂肪も蓄えようとするので、体重が増えてだるさ・重さを感じるようになるのです。2~3kg増加するのが自然ですが、ほとんどが水分です。
ホルモンの働きによる生理の準備ですから生理が始まると自然に体重は徐々に元に戻るので
あまり気にする必要はありません。
黄体ホルモンの分泌が活発になると血糖値が低下するのでアドレナリンが分泌されます。
アドレナリンは血糖値を上げようと働き、食欲が増進されるので生理前は食べすぎやすい状態
にあるといえます。食べすぎで蓄えられた脂肪は生理が始まっても元には戻らないので食べ過ぎないように注意が必要です。

PMSって何!?女性の8割が悩まされるPMSの実態解明
PMSって何かご存知ですか? PMSとは月経前症候群のことで、約8割の女性が悩まされてると言われている症状です。 P...

対処方法はないの?

生理後には戻るといってもできることなら症状は抑えたいものです。
むくみは見た目の効果も大きいので対策しましょう。
むくみは皮膚の下に血液中の水分が溜まった状態です。塩分は水分を溜める働きをするのでむくみの原因となります。塩分を控え、塩分を排出するカリウムを多く含む食品を摂るようにしましょう。
干し柿やアボカド、バナナ、ほうれん草や小松菜はカリウム豊富な食材です。ゴーヤ茶を飲むのもおすすめです。
我慢のしすぎは反動でかえってよくない結果になることもありますからカロリーを抑えたものを少しずつ食べるようにしたり、アロマなど気持ちの落ち着くものでリラックスすることを心がけましょう。

食べ過ぎたらどうしよう・・・

月経前症候群による体重の増加は生理が始まれば元に戻っていきますが、イライラして我慢できずに食べ過ぎてしまったものは元に戻せません。摂りすぎたカロリーは脂肪となって身体に蓄えられます。
生理中だから仕方なかった、と言い訳をしていたらきっと次も誘惑には勝てません。後悔と脂肪が溜まるばかりです。後回しにすればするほど努力も大変になります。乗り越えたことでついた自信はきっと次のときに役にたってくれます。

食べ過ぎても仕方がないとあきらめないでください。

生理後はダイエットしやすい黄金期

黄体ホルモンの働きで体重が増加する生理前とは、逆に生理後の約2週間は、卵黄ホルモンの働きで代謝が高まって脂肪が燃焼しやすくなっているのでダイエットしやすい時期です。
脂肪の燃焼に効果的なウォーキングなどの有酸素運動と筋肉がつく運動をあわせれば基礎代謝が上がってさらにやせやすい身体をつくることができるのでこの時期にしっかりと運動しましょう。
体重管理には運動と食事の管理が大切です。生理周期と身体の関係もしっかりと理解して無理のないダイエットに役立てましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『生理前の体重増加は太ったからじゃないって本当?』へのコメント

  1. 名前:もんじゃ 投稿日:2015/10/09(金) 00:02:36 ID:d6cf60395 返信

    体重の変動が激しいと思っていたので、もしかしたらPMSが原因だったのかも。
    生理後はダイエットがしやすいというのは初めて知りました。
    今もダイエットの最中なので、参考に頑張ります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です