PMSで寝れない理由、睡眠障害かも?

寝たい、寝れない

ある調査によるとPMSがある女性の約40%が、何らかの睡眠障害を感じているそうです。

月経数日前から不眠や眠気を感じ、月経が終わるころには症状がなくなります。

睡眠障害がある人は他のPMS症状もあり、この症状が強い人ほど睡眠障害も強く出るという、うれしくない相互関係があります。

 

睡眠障害の原因

ホルモンの影響

人間は体温が低下すると眠くなります。

排卵直後から分泌されるプロゲステロンは、体温を上げる働きがあります。そのため正常な基礎体温の人では排卵後から高温期になるのですが、体温の低下が少ないため眠れなくなってしまいます。

一方、同じ理由で日中は眠気が強くなってしまいます。そのため、昼夜が逆転してしまう睡眠障害が起こってしまうことになります。

またエストロゲンから生成されるセロトニンは、眠るためのホルモン「メラトニン」を作るために必要な物質です。PMSの時期はエストロゲンやセロトニンが減ってしまうので、メラトニンも減少し不眠となってしまうと考えられています。

他の症状によるもの

腹痛や頭痛、吐き気やめまいなどPMSにはいろいろな症状があります。

その症状が強く出ているときは、体がきつくて寝ることが難しくなってしまいますね。

特に痛みが強い場合は、せっかく寝ていても痛みによって起こされることがあります。

また抑うつ感が強く情緒不安定になっているときは、ネガティブな感情になってしまうので寝付けなくなってしまいますね。

日頃は気にならないような些細な音が気になり、いつもよりも神経が過敏になっているといえます。

「眠らないと」と思えば思うほど不安で眠れなくなってしまう、という状態になってしまった人は多いのではないでしょうか。

睡眠障害の改善

ホルモンの影響

眠るためのホルモン「メラトニン」を作ることが睡眠障害の改善に役立ちます。

材料であるセロトニンは、信頼する人(友人、恋人など)と触れ合うことで多く分泌されます。

そして、セロトニンは日光がないときにメラトニンを生成します。

つまり、セロトニンの原料であるトリプトファンを食べて友人や家族とゆっくり過ごし、光が少ない状態を作り出したら不眠が改善される、ということになります。

日中はしっかり日を浴びて、シャキッと目を覚ますことも重要です。

他の症状によるもの

他のPMSの症状による場合は、いくら眠気があっても眠れなくなってしまいます。

痛みやめまいの緩和は安眠するために必要なことだといえます。

専門医(婦人科)に相談して、経口避妊薬などの処方でPMSを軽減することもできます。

ただし薬だけで対処しようとすると、症状が出現しないように飲み続けなければなりません。

PMSで睡眠障害がある場合は、PMSそのものを改善することが必要なようです。

生活習慣を見直して症状が落ち着けばよいのですが、日常生活に支障が出る時は専門家への相談や薬の使用も検討した方がいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です