彼氏に解って貰うための生理痛の伝え方あれこれ

分かってもらえない

黙っていても伝わらない辛さを頑張って表現してみる

女性に生まれたからには、月に一度やってくる生理ですが、その痛みや苦痛のレベルは、本当に人それぞれだと言われます。
全くいつもと変わらず日常生活が遅れてしまう人もいれば、起き上がることはおろか、ほぼ重病人のように寝たきりのような感じになってしまう人までいるようです。
この痛み、生理のない男性にはわからないと、彼氏に理解してもらうのを諦めていませんか?
「只今生理中」なんて、公言する女性はほぼいないでしょうから、男性には女性が生理中かどうかは、こちらから伝えないかぎりほぼ分かりません。

分かってもらえない

気分が悪くて何もできないのを、怠けているなんて思われたら、それこそ生理の苦痛に追い打ちをかけてしまうことになります。
出来れば、極々身近な男性ー彼氏やご主人だけにでも、この苦悩を理解して救いの手を差し伸べて欲しいですよね。
怠けてると思われないためには、言葉や態度を尽くして伝える必要があります。
そう、男性にも分かる痛みや状況に置き換えて。

まずは、生理中であることを彼氏にはそっと告げることから始めてみましょう。

「今日は、生理でちょっと辛いの」
最初は、そんな一言からで十分だと思います。
ただその日は、決して無理をして普段通りに動かないこと!
わざとらしく痛がる必要は勿論ありませんが、できるだけ、些細な不調も口に出して伝えることが大事です。
「ちょっと、お腹が痛い」とか「気分が悪い」「体に力が入らない」など、言葉は何でも良いと思います。

毎月のPMS腹痛の悩み
生理痛は、外からは分かり難いものですが、ちょっとお腹を抱えるようにしてみたり、蹲ってみたりするだけで、痛みを表すことは可能です。
「痛いってどんな風に痛いんだよ」なんて、彼氏の方が声を掛けてきたらしめたものです。
ここは、もっと具体的に「胃腸風邪になった時の絞り上げるような痛み」とか「ボクサーにお腹を殴られたみたい」なんていう風に、男性にも分かる表現で痛みを確実に訴えてください。
特に、生理中は体の力が抜けたような感じになってしまうことがありますから、「ふわふわ雲の上で眩暈を起こしている感じで気分が悪い」などと伝えて、しゃがみ込むのもいいかもしれません。
また、「子宮の内側が血液になって剥がれ落ちて行くから、体力を物凄く奪われて・・・」なんて理攻めで説明するのも、案外男性には効果的。
ちょっとした擦り傷でも痛いのに、絆創膏を貼ることも直接薬を塗ることも出来ないこの痛みが、体の中で毎月繰り返されているんだよ・・・と、是非力説してみましょう。

生理中で、いつものように振る舞えないから合わないのではなく、普段通りには出来ないほど、生理が辛くて憂鬱なものだと言うことは、やはりその期間にしか伝えられないものです。
出掛けるのが無理なら、「生理中で辛いから」と断って彼氏に部屋へ来てもらうのも手です。
その時は、是非「何も食べられないから、口当たりの良いものを何か買ってきて欲しい」と、買い物を一緒に頼んでしまいましょう!

言葉と態度で状況を少しづつ示しめしていれば、彼氏もそのうち、「そういえば前にも辛そうな時があったけど、あれは生理中だったんだ」なんて、過去の貴女の辛さにも気づいてくれるかもしれませんよ。

Upset

さっそく、次の生理から実行してみてください。

一度では無理でも、毎月実行すれば、彼氏の方も「なんかヤバいかも・・」と実感が湧いてきて、やがては「今日はどう?大丈夫?」と、優しい言葉や動作が増えること間違いなしです。
女性だって、男性が急所に衝撃を受けた時の痛みはわかりませんよね。男女ともに、相手の苦痛を想像し思いやる気持ちが、結局は一番大事。

それでも、変わり映えのしない彼氏なら・・・いっそボディブローでも食らわしてやりますか?(笑)

パンチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です