ホルモンバランスの乱れが原因で起こる症状

どうしてPMSになるの?

みなさんは普段、女性ホルモンのバランスを気にしていますか? 女性ホルモンバランスが乱れると、身体には様々な影響が出てきます。

ホルモンバランスの乱れが原因の症状には様々あります。例えば、生理前にイライラしたり、不安感が強くなったりするPMS(月経前症候群)という症状。この症状が今までより酷くなったと感じたら、ホルモンバランスの乱れを疑った方がいいでしょう。
また、生理不順もホルモンバランスの乱れが原因の可能性が大きいです。通常時の月経周期25日~38日ですが、それを越えていたり、あるいは足りていなかったりすると、排卵も上手くいっていない可能性があります。思い当たるという方は、不妊の原因に繋がることもあるので婦人科で診てもらった方が良いでしょう。

最近お酒に強くなったという方も要注意です。

お酒に強くなった方も要注意

女性は閉経を迎えるとエストロゲンが一気に減少してしまいます。その影響でお酒に強くなることがあるそうです。まだ閉経を迎えていないのに、最近お酒に強くなったという方は、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。
また、強くなったからといって飲み過ぎてしまうと、睡眠に悪影響を及ぼし、それが原因でホルモンバランソが乱れてしまうという場合もありますので飲み過ぎには注意してください。
今述べたように、睡眠は女性ホルモンに大きく影響します。睡眠の質が悪いと女性ホルモンの低下に繋がりますが、逆に女性ホルモンの低下が原因でなかなか眠れなくなったり、あるいは何度も目を覚ましてしまったりといった症状がでることもあります。近頃あまりよく眠れていないという方は、ホルモンバランスの乱れを疑ってみてはどうでしょう。ホルモンバランスを整えることでぐっすり眠れるようになるかもしれません。

ホルモンバランスの乱れは自律神経にも影響します。閉経が近くなると女性ホルモンの低下が原因で更年期障害になったりしますが、最近では30代くらいで症状が表れるプレ更年期若年性更年期障害になる人も多くなっています。これらの原因もやはりホルモンバランスの乱れ、女性ホルモンの低下です。
主な症状としては、顔がほてりやすくなる。血の巡りや代謝が悪くなり、手足や腰回りが冷えるようになったり、乳酸や老廃物が排出されにくくなかなか疲れがとれなくなる。イライラしやすくなったり、落ち込みやすくなる。といったものがあります。情緒不安定になると時にはうつ病の原因にもなりますので、無理をせず、辛い時には早めに婦人科や心療内科を受診するようにしましょう。
また、女性ホルモンのエストロゲンが低下すると膣のかゆみを引き起こすことがよくあります。免疫機能も低下してしまうので、カンジダ膣炎になりやすくなってしまします。カンジダ膣炎は放っておいてもなかなか治りません。この場合にも、すぐに婦人科で診てもらってください。

ホルモンバランスの乱れは女性のお肌にも影響します。

ホルモンバランスはお肌にも影響します

お肌の潤いに欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸を維持する働きを女性ホルモンのエストロゲンが担っているのです。しっとりとしたお肌に保つにはエストロゲンが必要不可欠です。また、爪にも女性ホルモンは大きく関わっていて、ホルモンバランスが乱れてくると割れやすくなったり、白い筋が目立つようになってしまいます。
さらに、女性ホルモンが低下してしまうと、女性の持つ僅かな男性ホルモンの影響が顕著に出やすくなります。例えば声が低くなったり、体毛が濃くなったり、ヒゲが生えてきたリ、いわゆるオス化してしまう原因がこれです。
キレイであり続けるためには、ホルモンバランスを整えることが大切です。なるべく体を冷やさないようにして、規則正しい生活と、適度な運動を心がけましょう。過度なダイエットなどはもってのほかです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です