あなたのPMSを緩和する美味しいハーブティをご紹介!

Herbal Tea

月経を経験している女性の約8割が抱える悩み「PMS=月経前諸侯群」。
あなたはこのPMSというものとどのように付き合っているでしょうか?
今、世の中には様々な方法でPMSを緩和しようと多くの情報が溢れています。
ですから「まず何から試したら良いか分からない」という人も少なくないのではないでしょうか。

そこでここでは、出来るだけ身体に余計な負担を掛けない「自然療法」の分野に注目してみました。
中でも手軽に試してみる事ができる「ハーブティー」によるPMS緩和についてお話していきたいと思います。

PMSは何故起こるの?

分かってもらえない

PMS=月経前症候群は、月経前の約2週間…いわゆる「黄体期」に起こる体調の不調のことをいいます。
黄体期には黄体ホルモン「プロゲステロン」というホルモンが多く分泌されます。
このプロゲステロンというホルモンは妊娠を望む女性にとっては大切なホルモンで、子宮内膜を厚く柔らかくする働きを担っています。
この働きは、つまり身体の特に子宮周辺の血流を滞らせたり、身体に水分を多く蓄えようとする働きでもあります。
この影響により、黄体期になると身体がむくみやすくなったり子宮周辺が圧迫されて腰痛や下腹部痛を引き起こしたりするのです。

また、このプロゲステロンの分泌は脳内物質「セロトニン」の分泌を阻害すると考えられています。
セロトニンは脳内の「幸せホルモン」とも呼ばれており、このホルモンの働きが阻害される事で気分が落ち込み不安感やイライラが増したりします。

これらの原因によりPMS症状が起こると考えられているのです。

PMS緩和にハーブティーが良い理由

10671421_606564166120435_7103664975296846451_n

ハーブティーに使用する「ハーブ」とは、自然の植物の中でも薬効成分を含んだ植物を乾燥させて作られたものです。
ハーブティーとして使われる薬効成分を含んでいる植物の中には、西洋医学で薬に精製されている原材料であるものも含まれています。
こうした種類のハーブは「メディカルハーブ」と呼ばれており、特に自然療法として役立てられています。

いわばハーブは「精製前のお薬」のようなもの。
精製する過程で薬には副作用などが出てしまうものもあります。
勿論、ハーブにも少なからず禁忌や副作用ようなものが出るものもありますが、お薬に比べれば優しいので、ある程度安心して試すことができるのです。

PMS緩和にお勧めのハーブティーとは?

チェストツリー

チェストツリー

チェストツリーには女性ホルモンに似た作用があるといわれており、PMS緩和にとても効果のあるハーブティーだとされています。

ただし、お茶にすると苦みが強いという欠点もあるので、他のハーブとブレンドして飲むのがお勧めです。
また妊娠中の方はこのハーブティーを飲む事は出来ませんし、ピル服用中の方も控えた方が良いでしょう。

セントジョンズワート

St. John's Wort

セントジョンズワートには鎮静作用が多く含まれており、PMSの時に現れる精神的な症状に対して特に効果があるハーブティーだと言われています。
薬草の様な苦みが特徴ですので、他のハーブとブレンドして飲むのがお勧めです。

ですが、このセントジョンズワートにも他の薬との相互作用から禁忌となる方がいますので、現在病院で何らかのお薬を処方されている方は、主治医に相談してから飲むようにしましょう。

まとめ

ルナベリー

ここでご紹介したハーブティーの他にも、体調不良を整えるのに良いハーブティーはまだまだ沢山あります。
色々なハーブをブレンドして、あなただけのオリジナルハーブティーを試してみるのも良いですね。

禁忌やお薬などとの飲み合わせに注意すれば、ハーブティーは比較的手軽に試す事ができる、美味しいPMS緩和方法だといえるのではないでしょうか。
あなたも是非一度、試してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク