PMSを予防する4つの習慣

PMSを予防する4つの習慣

PMSの症状は軽くすることができても、完全になくすことは難しいものです。

女性の体はホルモンの影響を常に受けているため、時期になるとどうしても変化してしまうからです。

PMSが軽くなるだけでも日常生活が楽になって、月経前の憂鬱な気持ちが軽くなりますね。

 

PMSの症状を軽くなるためには?

ポイントとしては

1、食生活の改善

2、適度な運動

3、ストレス発散

この3つが重要だといわれています。

その他にも、PMSの予防に効果があるといわれていることがいくつかあります。

習慣的に日常生活の記録をつける

基礎体温をつける習慣はありますか。

順調に排卵が起こっている場合、排卵すると高体温期になり月経が始まると低体温期となります。

つまり、高体温期の後半からPMSの症状が出てくるということになるのです。

PNSが起こることを予測するだけで、不思議と症状は軽くなることがわかっています。

前もってスケジュールの管理もできますので、PMSの前後は予定に余裕を持つようにしましょう。

日記を書く習慣がある人は基礎体温表とともに、PMSの嫌な症状を記録するとより効果があるそうです。

自分の体の変化を客観的にみることで、ストレスが軽くなりPMSの症状も軽くなるようです。

環境の変化に注意する

転職や引っ越し、離婚などで環境が変化するとPMSの症状が激しくなることがわかっています。

主な要因としてストレスが上げられます。ストレスは悪い感情だけに起こると思っている人もいるのですが、結婚などのプラスの変化でも起こります。緊張する状況が続いたらストレスを感じていることを自覚した方がよいでしょう。

新しい環境になって張り切りすぎると、あとで体調を崩してしまう結果につながりやすいようです。

特に几帳面で頑張らなければと常に思っている人は、ときどき息抜きをしたり自分を甘やかせる時間を作ってあげてください。

職場や学校から距離を置く

職場や学校だけで人間関係を作るよりも、サークルや習い事でほかの友人関係がある人はストレスが溜まりにくいことがわかっています。

自分の居場所を一か所に集中してしまうと視野が狭くなってしまい、周りの変化に敏感になると感じませんか。

特に趣味もなく外に出る機会がないのならば、思いきってヨガやストレッチなど体を動かす習い事に参加してみましょう。

体を動かすことは血流をよくするだけでなく、ストレス発散に効果的です。

友人関係を無理に広げる必要はありません。参加するだけで狭い世界から解放されます

嗜好品を控える

タバコを吸うと血管が収縮してしまうのは有名ですね。血管が収縮すると血流が悪くなるので、PMSの症状が出やすくなります。

タバコは女性の生涯でいろいろな害を引き起こす嗜好品です。できるだけ早めに縁を切るようにしましょう。

コーヒーに含まれるカフェインにも血管を収縮させる作用があるのですが、1日2~3杯なら体によいこともわかっているので、PMSの時期に控える程度でよいようです。

塩分が高いスナック菓子は代謝に影響を与えますし、砂糖を大量に使った甘いものは体を冷やす働きがあります。黒砂糖はカルシウムや鉄分などPMSを軽くするミネラルが含まれているので、自宅の砂糖を色付きに替えてみてください。

何事もそうですがほどほどにバランスを取ることが大切です。タバコ以外の嗜好品は、ときどき自分のご褒美として食べても大丈夫です。完全に止めようとすることでストレスにならないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です