PMSに効果的な食べ物

PMSに効果的な食べ物

 

イライラや不安感、無気力などの精神的な症状から、頭痛や吐き気、腰痛など肉体的な症状まで200種類以上もあると言われるPMS。

 生理の2週間前からそんないろんな身体的・精神的不調に悩まされている女性は多いですね。

 そんな女性たちに共通するのが、食生活の問題です。必要な栄養をしっかり摂ることができていないため、それがPMSをひどくしているということも少なくありません。

  今回はPMSの改善に役立つ、効果的な食べ物をご紹介します。

バナナ

ダイエットに効果があるバナナダイエットに効果があると言われるバナナはPMSの症状改善にも役立つ食べ物です。

 PMS時に不足しがちなセロトニンが含まれている上に、セロトニンの分泌を促す効果があります。

 またイライラや不安感を抑えるマグネシウムやビタミンB6、むくみを改善するカリウム、セロトニンの材料となるトリプトファンを含んでいます。

にんにく、大豆などビタミンB6を含む食べ物

ビタミンB6を含む大豆ピクルス

 タンパク質や脂質の代謝に必要な栄養素ということで広く知られているビタミンB6ですが、それ以外にも神経細胞の間で情報の受け渡しを担う神経伝達物質の合成に欠かせない栄養素でもあります。

 生理中の精神的な不調(イライラ、不安、無気力など)も、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの減少によりセロトニンも減ることから起こると言われています。

 それを補うのにビタミンB6は欠かせない存在です。

 ビタミンB6を多く含む食べ物は、大豆、ニンニク、玄米、いわし、さば、かつお、豚肉など。

 普段から食事に取り入れやすい食材ばかりなので、毎日食べるよう心がけましょう

わかめや昆布などの海藻類

ビタミンやミネラルが豊富わかめ

海藻類にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。 

 また水溶性食物繊維も豊富なので、腸内環境を改善し、PMSの症状である便秘や下痢の解消にも役立ちます。便秘等が改善されれば、ニキビも解消されます。

鰻や卵黄

γ-リノレン酸を含むうなぎ

 PMSの女性に不足していると言われるγ-リノレン酸を含むうなぎや卵黄も積極的に摂りたい食べ物です。

 他にも月見草オイルなどにも多く含まれています。

牛乳やチーズなどの乳製品

PMSのイライラに牛乳やチーズ

 PMSで少しのことでもイライラしてキレてしまうという方は、普段から牛乳やチーズなどのカルシウムが多い乳製品をとることもおすすめ。

 乳製品以外でも小魚や大豆にもカルシウムが含まれるので、普段から取り入れておきましょう。

ピスタチオ

ビタミンB6が豊富に含まれるピスタチオ

 ビタミンB6が豊富に含まれ、ビタミンB6含有量がニンニクと同等なのです。

 さらに、エストロゲンの減少とともに量が減ってしまうセロトニンの原料トリプトファンも含まれています。

まとめ

 以上、PMSの改善に効果的な食べ物をご紹介しました。

 食事内容を見直すだけでも、つらいPMSの症状を改善したりすることが可能です。
食事が取りにくい方でも効率的にサプリメントなどで補給しましょう。

 普段から栄養バランスの取れていない食事をしている方は、毎回生理前に辛い思いをしないで済むように、少しずつ上記のPMSの改善に役立つ食べ物等も含めた栄養価の高い食事をするように心がけてみてはいかがでしょうか。

PMSに効く5大サプリメント
食事で必要な栄養素がすべて摂れるのが理想ですが、実際はなかなか難しいですね。 上手にサプリメントを組み合わせることで、不足しが...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です