PMS緩和のための食生活改善…効果的な栄養素とは?

Livery

月経を経験している女性であれば、その多くの人悩んでいると言われる「PMS=月経前症候群」。
月経前の3~10日程前になると、何となく体がだるかったりお腹が痛くなったり、また精神的にイライラしたり気分が落ち込むなど…
こうした症状があり、なおかつ月経が訪れたらこの症状が消えてしまうという人は、PMS症状を持っている可能性があります。

このような症状は、避けられるものなら避けていきたいものですよね。

少しでもこのPMS症状を緩和するにはどうすれば良いのでしょうか?
PMS緩和のためには食生活の改善が一番手軽で効果的だと言われています。
生活リズムを整えて、規則正しい食生活を心掛けることでPMS症状が緩和するのです。
では、どんな食生活がPMS緩和に効果的なのでしょうか?
ここでは、PMS緩和に効果的だとされる栄養素を含んだ食材についてお話していきます。

PMSのメカニズム

虚血性貧血

まず、PMSというものがどのようにして起こるのか…そのメカニズムについて説明していきましょう。

PMSが何故起こるのか?その詳しい原因は解明されていませんが、有力な説として考えられているのは「プロゲステロン」という女性ホルモンの分泌過剰によるという説です。

女性の月経サイクルの中で、排卵後に来る「黄体期」に分泌量が増加するホルモンが「プロゲステロン」なのですが、そのプロゲステロンには排卵後の妊娠を継続しやすくするために体内の水分を保持する働きがあります。
このことによって、体内に水分が溜まりやすくなり、PMSによるむくみや全身の様々な痛みの原因となっているのです。

また、プロゲステロンが過剰分泌されている時期には、脳内の「幸せホルモン」とも呼ばれる「セロトニン」の分泌量が減少します。
セロトニンの量が減少すると、精神的に不安定になり、気分が落ち込んだりイライラしたりします。
これがPMSの精神的な症状の原因と考えられているのです。

PMS緩和に食生活改善!

荒れた生活

そこで必要になってくるのが「食生活改善」です。
日頃から荒んだ食生活をしていると、体内のホルモンバランスが崩れてしまい、月経期の不安定な女性ホルモンバランスの変化に身体がついていけなくなります。
そのため、PMSも必要以上に重い症状となって表れてしまうのです。
ですから、この機会に食生活をきちんと見直して、生活習慣を整えていきましょう。

食生活を見直すと、PMS緩和だけではなく肌の状態が改善したりダイエット効果もあるなど、一石二鳥…いや三鳥くらいの効果がありますよ。

PMS緩和に効果的な栄養素とは?

では、どのような栄養素を含む食品を摂るように食生活を改善すれば良いのでしょうか?
具体的にご説明していきましょう。

大豆イソフラボン

大豆大豆や豆製品に多く含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似た作用をする成分が含まれています。
こうした成分が、排卵後に乱れた女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

ビタミンB群

ビタミンB群

ビタミンB群の中でも、特にビタミンB6は女性が特に意識して摂取してほしい栄養素です。

ビタミンB6には、PMS期によく起こる頭痛やうつ症状を軽減する働きがあるからです。
また肌荒れなども軽減してくれますので、PMS期ではなくても日頃から意識して摂取すると良いでしょう。

カルシウム・マグネシウム

b56b44eaf69111ced02952d704e547bf

カルシウムやマグネシウムを多く含む食品もまた、日頃から意識して摂取すると良い栄養素の食品です。

カルシウムには、PMSの精神的症状の代表でもあるイライラを抑える働きがあります。
また、マグネシウムもまた精神的な症状を軽減する働きがあるのです。
ですから、乳製品やナッツ類などは少し意識して日頃の食生活に取り入れていくと良いでしょう。

まとめ

004

ここまで述べてきた「PMS緩和に効果的な栄養素」の他にも、あなたの身体に良いとされる栄養素はまだまだ沢山あります。
一番大切なのは、いくら身体に良いといってもそればかり過剰に食べるのではなく、きちんとバランスの取れた食生活に改善していくことなのです。

あなたもPMS緩和をきっかけに、今の食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク