PMS対策に食生活改善!どんな食事が効果的か教えます

098

成人女性の多くが毎月経験していると言われている「PMS=月経前症候群」。
PMS=月経前症候群とは、月経が始まる約3~10日前ほどから現れるとされており、その症状は個人差もあるのでなかなか周囲に理解されにくいのが現状です。

そんなPMS症状に食生活が大きく影響しているということを、あなたは御存知でしょうか?
PMS対策に効果的な栄養素を含む食べ物を積極的に食べたり、また不規則な食生活を改善して生活リズムを整えるだけで、PMS症状は大きく軽減する事ができるというのです。
そこでここでは、PMS対策にどんな食事が効果的かをご紹介します。

PMSが起こる原因

Tummy hurts

PMSというものが起こる原因ですが…結論からいうと「原因ははっきりしていない」というのが現状です。
様々な要因がPMS発症の原因として考えられていますが、その中でも有力な原因は以下の通りです。

・排卵後より分泌量が増加する黄体ホルモン「プロゲステロン」の影響
・プロゲステロンの増加に伴う脳内物質「セロトニン」の減少
・体内のビタミン・ミネラル量の欠乏

これらの原因によりPMSが発症すると考えられているのです。
ですから、まず体内のホルモンバランスを整えることでPMSは大きく軽減すると言われています。
その為には、日常生活の習慣を見直して食生活を改善する必要があるのです。

PMS対策に効果的な栄養素

エクオール

では、食生活を改善するためにはどのような栄養素を含む食材を積極的に取り入れると良いのでしょうか?
PMS対策に効果的な栄養素としてまずご紹介したいのが、大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」です。
大豆イソフラボンには、PMS期に減少する卵胞ホルモン「エストロゲン」に似た作用をする成分が多く含まれており、女性ホルモンのバランスを整えるのに効果があると言われています。

また、ナッツ類にはビタミンBやマグネシウムが多く含まれているので、こうした食材と合わせてイライラ解消に効果のあるカルシウムを多く含んだ小魚なども一緒に摂るようにすると効果的です。
この他にも、新鮮な野菜やフルーツに含まれるビタミンや食物繊維、また海藻類に含まれるミネラルもPMS対策に大きな効果があることが分かっています。

このような栄養素を含む食品を積極的に摂りつつ、嗜好品や白砂糖、炭水化物などは少し遠慮して摂取するようにすると更に効果的です。

PMS対策にお勧めな食事

実際にこれらの栄養素をどんな食事で摂ればPMS対策に効果的なのでしょうか?
具体的な例をご紹介します。

大豆を使ったドライカレー

400x300x97f438470f75edc5ce3498a8

大豆と豚ひき肉を使ったドライカレーです。ご飯は玄米ご飯を使っています。

大豆イソフラボンを多く含む大豆と、ビタミンBが豊富な豚肉を使ったドライカレー。
スパイス多く使われていますので、身体を温め血行を促してくれる働きもあります。

バナナナッツヨーグルト

b56b44eaf69111ced02952d704e547bfPMS対策にはまず、甘いものを控えるのが原則。
そんな時期でも、時には甘いものも食べたいのが女心ですよね。
そんな時にお勧めな間食が「バナナナッツヨーグルト」。

バナナはPMS対策に特に効果の高い果物です。マグネシウムを多く含むナッツを乗せて、蜂蜜で甘みをプラスしていただきましょう。

まとめ

092

ここでご紹介した食事レシピの他にも、まだPMS対策に効果的な食事というのは色々あります。
あなたの工夫ひとつでレシピは無限大!PMS対策に効果のある食材を使って、是非色々試してみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク