手の色で判断 生理前の不調「血虚」について

めまいの症状は深刻

黄色い手の人の症状と生活習慣についての説明

貴方の周囲に毎月同じ時期にイライラし精神的に不安定になっている女性はいますか? ひょっとしたらその人は性格に問題があるという事ではなく生理が精神に影響を与えるといったケースがあるのです。生理前には怒りっぽくなるとか、何故か泣きたい気持ちになる、攻撃性が強くなる、暴飲暴食をしてしまうといった症状を出る人がいるのです。

生理前に出てくる症状は個人差がありますが自分で感情を制御することが出来なくなるといった不調が毎月生理前になると起こる女性は実は沢山存在します。そんな症状を「PMS」日本語では月経前症候群といいます。ここでは国際中医師で漢方薬剤師の見解からPMSの改善方法を紹介したいと思います。

手の色が黄色い女性はPMSの人が多い

漢方では手の色が黄色い人というのは、脾(ひ)と呼ばれる臓器に問題があると予測をします。ちなみに脾というのは大体お腹の中央部分にあって、脾に不調が起こると胃腸機能が低下していると言えます。その結果食品から上手く栄養を吸収することが出来ずに栄養不足になってしまいます。

栄養が不足した状態を漢方では血虚(けっきょ)と言います。女性は血虚になりやすい傾向があるのです。その理由は女性は生理前と生理中に女性ホルモンのバランスが変わり血虚、要するに貧血状態になりやすいということが出来ます。さらに手が黄色い人というのは生理中以外にも血虚になる傾向が強いとされていて、生理前と生理中は特に血虚の症状が強く出ます。

漢方では「血の働きというのは精神を安定させる」と考えているので、血虚はPMSの際に精神的に不安定になる原因と言えます。そして栄養不足を補うことが目的でカロリーの高くすぐにエネルギー源になる様なジャンクフードを大量に摂取してしまうのです。だけど症状が悪化したら過食症の原因となる恐れがあるので気をつけて下さい。

他にも存在する女性に関係がある血虚の症状を3つ紹介します

(1)生理痛

漢方というのは痛みの要因に対し2つの原則が存在し、その2つとは不栄則痛(ふえいそくつう)と不通則痛(ふつうそくつう)と言えます。栄則痛とは気血といった栄養が不足している状態で、不通則痛は気血が廻らないで停滞している際に痛みが発生するといった事を表します。だから血が不足すると生理痛の原因となるのです。

(2)頭痛

生理が近くなると頭痛がするのは血虚のせいで、その理由は上記の生理痛と同じだと言えます。

(3)冷え性

手足といった末端部分に血や栄養が行き届かず冷えやすくなる症状です。

血虚を予防する為の方法

手が黄色い人の食習慣としては朝食は食パンとコーヒーだけで、昼食はパスタ、間食を好み夕飯はカップスープにサラダだけといった傾向があります。またはお菓子を沢山食べて食事をしないなんて人も存在するのです。

そんな人の食事の特徴としては糖質を過剰に摂取していてタンパク質が足りない状況です。体の材料ともいえるタンパク質が不足しているから血虚の症状になりやすくタンパク質を意識して摂取し肉や魚、他にも豆製品を積極的に食べるように心がけてください。

手の色が黄色い人というのは甘党で米や麺といった炭水化物が多い食事をしているので注意が必用です。さらに胃への負荷が大きい脂っこい食事はしないで消化を促す大根、カブ、キャベツといった野菜を摂取するといいと言えます。PMSは健康ならはさほど感じないとも言えるので黄色い手は1つのサインと捕らえて気をつける必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です