PMSが悪化する!?PMS悪化の原因は生活習慣だった!

荒れた生活

PMSとは月経前症候群のことで、約8割の女性が悩まされていると言われている症状です。
しかし、その実態を詳しく知っている人はどれくらいいるのでしょうか。

PMSの症状は個人差があります。
重い人もいれば軽い人もいますし、まったく発症しない人もいるのです。

そんなPMSですが、知らず知らずのうちに悪化させる行動をとっていませんか?
これ以上悪化させないために、PMSが悪化する原因を探っていきましょう。

PMSが悪化する原因 ~食べ物編~

PMSが悪化する原因はたくさんありますが、まず初めに気をつけることができることは、カフェインやアルコールの摂取を控えることではないでしょうか。

カフェインやアルコールは、不安感を高めたり神経を緊張させたりすると言われています。
ですから、そういった症状がある場合には、摂取を控えるといいでしょう。

また、塩分も控えた方がいいでしょう。
PMSの症状として、むくみを感じる人は多くいると思います。
塩分はむくみの原因となりますので、できるだけ控えるようにしましょう。

砂糖の摂りすぎもいけませんよ。
PMSのココロの不調に大きく関わってくるのが血糖値です。

砂糖を摂取すると、血糖値が急上昇して急降下します。
その急降下した後の低血糖状態の時がだるさやイライラを感じやすくなるんです。

ですから、血糖値をコントロールすることがPMSを悪化させないためには重要なことの一つなんですね。

PMSが悪化する原因 ~生活編~

食べ物で改善することも大切ですが、生活を改善することも重要です。
PMSが悪化する最大の原因はストレスです。
なぜ、ストレスが原因なのか、それは、PMSが発症する原因とかかわっています。

女性ホルモンの分泌を促しているのは、脳です。
しかし、この脳ですが、大変ストレスに弱い性質があります。
多大なストレスを受けると、女性ホルモンを分泌せよという命令を出せなくなってしまうのです。

女性ホルモンを正常に分泌できなくなると、ホルモンバランスは乱れます。
ホルモンバランスが乱れると、PMSが悪化してしまうのです。

ですから、なるべくストレスはためないようにしましょう。
とは言え、ストレスがない生活を送ることは無理でしょうから、上手にストレスを解消する方法を考えましょうね。

例えば、景色がいい道をウォーキングするとか、ヨガでリラックスするなど、身体を動かす方法がおすすめです。

身体を動かすと、自律神経の働きが高まり、自律神経のバランスが整います。
自律神経のバランスが整うと、ホルモンバランスも整います

また、睡眠時間も重要です。
睡眠不足になると、卵巣の働きが低下します。
卵巣の働きが低下すると女性ホルモンが不足します。

女性ホルモンが不足すると、様々な不調が現れます。
もちろん、PMSの悪化もその中の一つです。
ですから、睡眠不足に陥らないよう、気をつけましょう。

PMSが悪化する生活習慣

このように、PMSを悪化させる原因は、日常生活に潜んでいます。
知らず知らずの間に、PMSを悪化させてはいませんでしたか?
生活習慣を変えることによって、PMSを緩和することは夢ではありません。

睡眠不足を無くし、ストレスをためない生活を心がけ、アルコールやカフェイン、塩分を控え、血糖値が急激に上がらない生活を心がければ、自ずと結果は出てきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です