きつい・・・PMSが起こる原因

PMSが起こる原因

PMSのピークは働き盛りの30代です。

PMSの原因ですが、実はこれ!と断定できるものはまだわかっていません。

これかな、と考えられている説はいくつかあります。

PMSの原因

プロゲステロン(黄体ホルモン)からの影響

排卵したあと卵巣内に残る卵子を包んでいた膜を黄体といい、排卵した直後から黄体より分泌されるのがプロゲステロン(黄体ホルモン)です。このホルモンは妊娠するために重要な役割を担っており、月経が始まる頃に減少していきます。

プロゲステロンが脳内物質(GABA)やほかの代謝に影響し、PMSが起こるとされていました。

しかし、欧米ではこの説には信憑性がないとされています。

それは、黄体ホルモンが少ない時期からPMSの症状があること、プロゲステロンに関係する薬剤ではPMSが改善されなかったこと、症状の違いがプロゲステロンだけでは説明できなかったことなどが挙げられています。

脳内物質(セロトニン)の低下

某TVで「幸せホルモン」と呼ばれているセロトニンですが、このホルモンの低下がPMSに関連しているといわれています。

セロトニンは必須アミノ酸であるトリプトファンから作られるのですが、このアミノ酸が不足していた場合にPMSの症状が出たという報告がありました。

また、他の病気でセロトニンを増やす治療を行った女性のPMS症状も改善されたという報告もあることから、最近ではこの説が有力視されているようです。

ビタミンやミネラルの不足

ビタミンやミネラルが不足していると、PMSになるといわれています。

特に「ビタミンB6」はセロトニン生成を助ける働きがあり、不足すると頭痛・食欲低下・吐き気などの症状が出ます。血液内のビタミンB6は排卵期に減少することがわかっているので、PMSとの関連が考えられています。

どんな人がなりやすい

PMSの症状が強い人には、共通の性格があります。

1、まじめで几帳面、自分に厳しいタイプ

2、負けず嫌いで我慢強く、ストレスを抱えるタイプ

3、コンプレックスがあって神経質なタイプ

4、コーヒー、タバコ、スイーツなどの嗜好品をたくさん取るタイプ

特に①④に当てはまる人は要注意のようです。

夜遅くまで残業し、眠気覚ましのコーヒーを飲み、夕飯代わりにお菓子を食べている・・・仕事だからしっかりしないと!と頑張ってしまう人ほど、月経前になると体調を崩してはいませんか。

現代社会では逃げることができないストレスや緊張がPMSを悪化させている、ということは間違いないようです。

PMSは悪化すると仕事に支障が出てしまう場合もありますから、なにか改善できることを探して体や心に負担をかけないようにしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です