PMS対策にお勧めなアロマでイライラを解消しよう!

月経不順を招くストレス

大人の女性であれば誰しも経験がある「生理」。
生理は排卵周期に合わせて起こるものですので、それに合わせて起こる女性ホルモンのバランスの変化によって体調も左右されがちになってしまいます。
生理不順や生理痛と同じように、多くの女性を悩ませる生理前の不調…それがPMS=月経前症候群です。

こうした不調を出来るだけ改善しようと、様々な対策を試している人は少なくありません。
そんな様々なPMS対策の中でも、あなたは「アロマ」を試してみたことがありますか?
アロマテラピーと聞くと準備などが面倒だと感じる人もいるでしょうが、アロマテラピーは「香り」を嗅ぐことだけでも十分その効果を得られるものなのです。
そこでここでは、PMS対策にお勧めなアロマについて詳しくお話していきたいと思います。

PMSが起こる原因とは?

横になる

PMS=月経前症候群とは、月経前の3~10日程の期間に起こる身体的または精神的不調のことをいいます。
この症状が起こる原因には諸説あるのですが、一番有力なのは女性ホルモンの月経周期に合わせて起こる女性ホルモンのバランスに合わせて起こるものです。

月経に関わる女性ホルモンには卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」があります。
この二つのホルモンは、排卵期を境に分泌量が変わります。排卵期以降はプロゲステロンが優位に分泌されるのです。
プロゲステロンは排卵後の女性の身体を妊娠しやすくするための様々な働きを担っている大切なホルモンです。
ですが、日頃から女性ホルモンのバランスが乱れていると、この時にプロゲステロンの過剰分泌が起こります。
そうすることによって、身体がむくんだり気分が落ち込む…などのPMS症状が出てしまうのです。

アロマテラピーとPMS

20130329aroma_1

そこで、PMS対策に効果があると注目されているのが「アロマテラピー」です。
アロマテラピーとは、天然の植物から抽出される精油(エッセンシャルオイル)という香りの強いオイルを用いて健康や美容に役立てる自然療法の一つです。
アロマテラピーでは、この精油を様々な方法で私達の身体に取り入れてその作用によって身体や心に良い効果をもたらすことが期待されているのです。

そもそも「香り」というものが、私達人間にとって様々な良い効果をもたらすものだと考えられています。
香りの刺激は鼻を伝って嗅覚で感知されていますが、この嗅覚は人間の感覚の中で唯一脳へ直接伝わる感覚だと言われています。
そして、脳内で嗅覚を感知するのは「大脳辺縁系」という場所なのですは、この大脳辺縁系にはホルモンバランスを司る「視床下部」があります。
ですから、香りの刺激によって大脳辺縁系が活性化すると、視床下部もスムーズに働きホルモンバランスを良くしてくれるのです。

そうしたことから、アロマテラピーはPMS対策にも大変効果があるツールとして期待されています。

PMS対策に効果があるアロマとは?

では、PMS対策には特にどんな香りのものが良いのでしょうか?PMS対策に効果があるお勧めアロマをいくつかご紹介していきます。

クラリセージ

Clary sage
クラリセージはシソ科の植物で、ナッツのような甘みも感じる深い香りが特徴のアロマ精油です。

クラリセージの中には「スクラレオール」と呼ばれる女性ホルモンに似た作用のある成分が含まれています。
この成分が、PMS期に乱れた女性ホルモンのバランスを整えてくれるのです。

イランイラン

イランイラン

イランイランは、熱帯地方原産の植物で、別名「花の中の花」という名前が相応しい甘くエキゾチックな香りが特徴のアロマ精油です。

イランイラン精油に含まれる「ゲラニオール」という成分はローズなどにも含まれる香り成分ですが、この成分には不安や緊張を和らげる作用があり、PMS期の精神的症状対策に効果的です。

上記の精油の他にも、PMSの様々な症状に合わせて効果のある精油がまだまだたくさんありますので、是非チェックしてみて下さいね。

まとめ

癒しの音楽

アロマ精油は、アロマポットやディフューザーで香りを焚いて楽しんだり、植物油に希釈して身体の辛い部分に塗ってマッサージをすることで、香りの成分が体内に取り込まれPMS緩和に繋がります。

またこうした道具などがなくても、熱湯を注いだマグカップにアロマ精油を垂らすだけでも十分香りを楽しむことができます。

自然の恵みである「アロマ」を生活に取り入れて、PMSのイライラを解消しませんか?
是非お試しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク